• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

お堀散策の遊歩道が完成 秋田市〔地域〕

配信
完成した遊歩道で撮影に応じる秋田市の穂積志市長(奥左)ら=11日、同市

完成した遊歩道で撮影に応じる秋田市の穂積志市長(奥左)ら=11日、同市

 秋田市中心部の城跡に位置する千秋公園に、堀の中を散策できる遊歩道が完成し、記念式典が11日行われた。「渡り始め」に招待された市内の園児らが堀に咲いたハスの花を間近に見ながら景色を楽しんでいた。

 遊歩道は全長約250メートル、幅3メートル。水面に浮かべる「浮体式」で、堀の東西を結ぶ。さまざまな風景が楽しめるように、折れ曲がった導線になっているのが特徴だ。

 式典では、穂積志市長が「市民や秋田に来た観光客に楽しんでほしい」とあいさつした。12日から8月末まで夜間にライトアップが行われる。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ