• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

都連会長続投の意向 衆院選、共産とすみ分け必要―立民・長妻氏

配信
立憲民主党の長妻昭政調会長=2023年11月、国会内

立憲民主党の長妻昭政調会長=2023年11月、国会内

 立憲民主党の東京都連会長を務める長妻昭政調会長は11日の記者会見で、都連会長を続投する考えを示した。都知事選で全面支援した蓮舫前参院議員が惨敗した責任について問われ、「次の衆院選で都連の候補者を全員当選させる使命がある」と強調した。

芳野連合会長、立・共連携見直しを 「都知事選で票逃げた」

 手塚仁雄都連幹事長らについても「(敗因を)分析した上で次に備えてほしい」として、引責辞任の必要はないとの認識を示した。

 党内からは都連と共産党の緊密な連携を問題視する声が出ている。長妻氏は「応援していただける方はみなありがたい。小選挙区は地方選挙と違う。野党もすみ分けをして一騎打ちに持っていく努力が必要だ」と反論した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ