• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

ファストリ、過去最高益 海外好調で―23年9月~24年5月期

配信
ファーストリテイリング傘下の衣料品店「ユニクロ」の看板

ファーストリテイリング傘下の衣料品店「ユニクロ」の看板

 カジュアル衣料チェーン「ユニクロ」などを展開するファーストリテイリングが11日発表した2023年9月~24年5月期連結決算(国際会計基準)は、純利益が前年同期比31.2%増の3128億円と9カ月間の決算として過去最高を更新した。海外での販売が好調で、円安効果も収益を押し上げた。

ダイドーリミテッド、取締役1人が辞任 一身上の都合

 売上高に相当する売上収益は10.4%増の2兆3665億円、本業のもうけを示す営業利益は21.5%増の4018億円といずれも過去最高だった。海外ユニクロ事業では、新規出店を加速させた欧州に加え、北米が大幅な増収増益となった。一方、中国は前年の業績が好調だった反動や天候不順などの影響で減収減益。国内ユニクロ事業はキャンペーンが奏功し、増収増益だった。

 これを踏まえ、24年8月期の連結業績予想を上方修正。売上収益は前期比11.0%増の3兆700億円(従来予想は3兆300億円)、営業利益は24.6%増の4750億円(同4500億円)、純利益は23.2%増の3650億円(同3200億円)といずれも過去最高を更新する見通しだ。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ