• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

今永、粘り抜いて8勝目 前半戦締めくくる―米大リーグ・カブス

配信
オリオールズ戦に先発登板し、力投するカブスの今永=10日、ボルティモア(AFP時事)

オリオールズ戦に先発登板し、力投するカブスの今永=10日、ボルティモア(AFP時事)

 蒸し暑い敵地のマウンド。カブスの今永が粘り抜いて6月15日以来の8勝目を手にした。一回1死一、二塁で4番サンタンデルを変化球で空振り三振に仕留めると、5番ウエストバーグには高めの直球を振らせて連続三振。立ち上がりのピンチを切り抜け、鈴木の適時打などで3点の援護をもらうと、六回まで100球の熱投で無失点のままマウンドを譲った。

大谷、2安打1盗塁 今永は8勝目

 オールスター戦選出が決まった直後の登板で、強打のオリオールズ相手に好投。相手エースのバーンズに投げ勝ち、防御率を再び2点台に戻した。快進撃を見せた大リーグ1年目の前半戦最後の登板を力強く締めくくった。(ボルティモア時事)

最終更新:

関連記事

こんな記事も

野球

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ