• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

ゼレンスキー氏、米議会に謝意 「もしトラ」念頭、関係強化図る

配信
10日、米ワシントンの連邦議会でジョンソン下院議長(右)と会談するウクライナのゼレンスキー大統領(AFP時事)

10日、米ワシントンの連邦議会でジョンソン下院議長(右)と会談するウクライナのゼレンスキー大統領(AFP時事)

 【ワシントン時事】北大西洋条約機構(NATO)首脳会議出席のため米ワシントンを訪れたウクライナのゼレンスキー大統領は10日、連邦議会で民主、共和両党の議員と会談した。ロシアによる侵攻を巡り、米国のウクライナ支援に謝意を示すとともに、現在の戦闘状況を説明した。

ウクライナ「1日で解決無理」 トランプ氏返り咲きでも―ロシア国連大使

 米国はウクライナの最大の後ろ盾だが、11月の米大統領選トランプ前大統領が当選すれば支援が滞る可能性がある。ゼレンスキー氏の訪問は、トランプ氏の返り咲きに備えて米議会との関係強化を図る狙いがある。

 ウクライナ政府によると、ゼレンスキー氏はジョンソン下院議長(共和党)に対し、「さらなる予算支援は、経済的安定のために重要だ」と訴えた。上院議員団との会談では、民主、共和両党トップにそれぞれ勲章を授与した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

ウクライナ情勢

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ