• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

連合会長、立・共連携見直しを 「都知事選で票逃げた」

配信
会談後、記者団の取材に応じる立憲民主党の泉健太代表(右)と連合の芳野友子会長=11日、東京・永田町の同党本部

会談後、記者団の取材に応じる立憲民主党の泉健太代表(右)と連合の芳野友子会長=11日、東京・永田町の同党本部

  • 会談する立憲民主党の泉健太代表(右手前から2人目)と連合の芳野友子会長(左手前)=11日、東京・永田町の同党本部

 立憲民主党の泉健太代表は11日、党本部で連合の芳野友子会長と会談した。東京都知事選での蓮舫前参院議員の敗北を踏まえ、芳野氏は「共産党が前面に出過ぎ、逃げてしまった票があったのではないか」と指摘し、共産との連携を見直すよう促した。泉氏は「教訓をどう生かすか党の中で話し合う」と述べるにとどめた。

玉木国民代表「立・共路線は終えん」 泉氏と近く会談意向

 会談で芳野氏は、立民と国民民主党の2党を挙げ、「与党に代わって政権を担い得る政治勢力結集の核となることを期待する」と伝え、連合も交えた3者の関係強化を求めた。

 会談後、泉氏は記者団に対し、候補者調整を巡る「包括的な話し合い」に向け、国民の玉木雄一郎代表と協議していると明らかにした。

 一方、共産党の小池晃書記局長は11日、臨時の記者会見を開き、芳野氏の発言について「共産のせいにさえすればなんでも通用するという、非常にレベルの低い発言だ」と反発。「看過し難い。どういう根拠か示すのが最低限の責任ではないか」と述べた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

政治用語

政治

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ