• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

転売目的で高級自転車窃盗容疑 ベトナム人2人逮捕、70件関与か―警視庁

配信
東京都豊島区内で窃盗被害にあったスポーツタイプの高級自転車=11日午前、同区

東京都豊島区内で窃盗被害にあったスポーツタイプの高級自転車=11日午前、同区

 東京都豊島区内でスポーツタイプの高級自転車を盗んだとして、警視庁捜査3課は11日までに、窃盗容疑で、いずれもベトナム国籍で職業不詳のブー・クアン・クエン(33)、ブイ・ズイ・コン(31)両容疑者を逮捕した。2人は「盗んだことに間違いない」などと容疑を認めている。

スポーツタイプ自転車窃盗相次ぐ 大手メーカー製が被害―東京・豊島

 短期滞在ビザで出入国を繰り返しており、同課は両容疑者が昨年10月以降、転売目的で豊島区や北区、文京区で起きた約70件の窃盗に関与したとみている。

 逮捕容疑は今月2日午前4時ごろ、豊島区に住む男性(34)の自宅敷地内から、大手メーカー「メリダ」と「ビアンキ」のスポーツタイプの自転車2台(時価計約8万円相当)を盗んだ疑い。

 同課によると、自転車は男性の妻から誕生日プレゼントとして贈られたものだったという。

 両容疑者は別のベトナム人が経営する豊島区内の雑貨販売会社の事務所で寝泊まりしながら、工具などで鍵を破壊して自転車を盗んでいた。

 盗んだ自転車は雑貨販売会社が契約するアパートの一室に保管。数台盗むごとに解体して段ボールに詰め、航空機でベトナムに持ち帰り、インターネット上で売却していたという。

 今年1月以降、十数回、ベトナムと日本を往復したことが確認されている。

 被害現場周辺の防犯カメラに両容疑者とみられる2人組が映っていたことなどから、同課が捜査していた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ