• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

東北から九州、大雨警戒 山口・下関で最多記録―気象庁

配信

 東北地方から九州にかけては11日、梅雨前線が停滞して雨が降り、中国地方と四国、九州では大雨になる所があった。前線は日本海側から太平洋側に南下する見込み。気象庁は12日にかけて土砂災害や低地の浸水、河川の増水に厳重に警戒するよう呼び掛けた。

【時事ドットコム天気予報】

 山口県下関市では11日未明に1時間雨量が約100ミリの記録的短時間大雨情報が相次いで出された。午前5時半までの12時間雨量は234ミリに達し、この地点の観測史上最多記録となった。同県内の大雨のため、JR西日本は山陽線の一部区間で運転を終日運転を見合わせたほか、山陽新幹線に遅れが生じた。

 12日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、九州北部180ミリ、関東甲信と近畿100ミリ。その後、13日午前6時までの同雨量は九州北部150ミリ。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ