• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

大連立を呼び掛け 総選挙の結果受け―仏大統領

配信
フランスのマクロン大統領=10日、米ワシントン(AFP時事)

フランスのマクロン大統領=10日、米ワシントン(AFP時事)

 【パリ時事】フランスのマクロン大統領は10日、総選挙で下院の過半数を制する陣営がなかったことから、安定多数の実現には「大規模な連合の構築が求められる」と述べ、幅広い勢力を糾合した大連立内閣の樹立を呼び掛けた。マクロン氏が次期内閣の枠組みについて発言するのは7日の決選投票後初めて。

有権者の怒り爆発 「庶民圧迫」と政権批判―大統領の中道連合敗北・仏総選挙

 仏地方紙が伝えた国民向けの書簡によると、マクロン氏は「(総選挙に)勝者はいない。どの勢力も少数派だ」と主張。連立交渉が妥結に至り、次期首相が決まるまで「少し時間がかかりそうだ」との認識を示した。

 マクロン氏の念頭にあるのは、極右・国民連合と、選挙で最多議席を獲得した左派連合の最大政党「不屈のフランス」を除く穏健政党の結集とみられる。しかし、左派は「選挙結果の否定だ」と猛反発。右派からも「左派と一緒は無理だ」という声が上がった。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ