• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

民主最重鎮ペロシ氏「決断を」 バイデン氏に出馬再考示唆か―米大統領選

配信
バイデン米大統領(中央)とペロシ元下院議長(左)=5月3日、ワシントン(EPA時事)

バイデン米大統領(中央)とペロシ元下院議長(左)=5月3日、ワシントン(EPA時事)

 【ワシントン時事】米民主党のペロシ元下院議長(84)は10日、MSNBCテレビに出演し、大統領選からの撤退圧力に直面するバイデン大統領(81)の去就に関し「選挙戦を続けるかは大統領次第だ。時間は少なく、私たちは決断を促している」と述べた。バイデン氏は撤退を重ねて否定しており、再考を迫ったとも受け取れる。党最重鎮の「爆弾発言」(米メディア)により、「バイデン降ろし」の動きが雪崩を打って進む可能性がある。

米有力紙、再び撤退要求 バイデン氏が「国を危険に」―米大統領選

 バイデン氏の選挙戦継続を望むか司会者に問われると、ペロシ氏は「何であろうと彼が決めたことをしてほしい。私たちは従う」と述べるにとどめた。バイデン氏の進退を巡る議論は「今週の展開を見るまで表に出す必要はない」とも語り、ワシントンで開催中の北大西洋条約機構(NATO)首脳会議などでの大統領の様子を見守る考えを示した。

 さらに、ネットメディア「アクシオス」は10日、民主党上院トップのシューマー院内総務(73)もバイデン氏以外の大統領候補擁立を排除していないと報じた。水面下で献金者に語ったという。シューマー氏は公の場で「バイデン氏を支える」と述べていた。ペロシ、シューマー両氏は党内に多大な影響力を持ち、急速に波紋が広がりそうだ。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ