• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

インフレ鈍化、十分確信ない 政策決定、大統領選考慮せず―米FRB議長

配信
米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長=9日、ワシントン(AFP時事)

米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長=9日、ワシントン(AFP時事)

 【ワシントン時事】米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は10日、下院金融サービス委員会での証言で、インフレ鈍化の持続について「幾分自信がある」と説明しつつ、まだ十分確信するまでには至っていないと語った。FRBは利下げ開始の前提として、持続的なインフレ率低下に向け「一層の確信」が必要としている。

物価と景気、両リスク警戒 利下げ時期、明言せず―米FRB議長

 物価や労働市場の落ち着きを示す最近の指標を受け、市場ではFRBが9月の連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げに踏み切るとの観測が浮上している。

 市場予想通りなら、FRBの利下げ判断は11月の米大統領選直前となる。パウエル氏は「政策決定は指標や経済見通しなどに基づいて行われる必要がある。政治を含めた他の要因は考慮しない」と強調した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ