ネットアップ、戦略的クラウド・ワークロード強化のためにインテリジェント・データ・インフラストラクチャ機能を拡充

2024年07月10日23時19分

July 10, 2024 23:19 UTC

新機能により、顧客は生成AIやVMware環境のようなデータ集約型ワークロードをより容易に実行できるように

カリフォルニア州、サンノゼ--(BUSINESS WIRE)-- (ビジネスワイヤ) -- インテリジェントデータインフラストラクチャ企業のNetApp®(NASDAQ:NTAP、以下ネットアップ)は、生成AIやVMwareを含む戦略的クラウド・ワークロード向けに設計された新機能の導入を発表しました。今回のネットアップのデータおよびストレージ・サービスの強化により、顧客は複雑化するハイブリッド・マルチクラウド環境でこれらの戦略的ワークロードを管理するためのリソースとリスクを軽減することができます。

「生成AIや仮想化環境を含む戦略的ワークロードはビジネス・イノベーションを推進しており、ITチームが限界に達するほどますます複雑で、リソース集約型のインフラ要件を必要としています」と、ネットアップのクラウド・ストレージ担当シニア・バイスプレジデント兼ゼネラル・マネージャーであるプラビット・ティワナは述べています。「ネットアップは、統合データストレージ、統合データサービス、および自動化されたクラウド運用を活用するインテリジェント・データイン・フラストラクチャで、顧客がデータのコントロールを取り戻すことができるよう支援しています。最新のワークロードに対する特定の技術要件に直面している場合にも、ネットアップはハイブリッド・マルチクラウド環境全体でデータ運用を最適化・簡素化するためのツールを提供しています。」

生成AIやVMware環境といった戦略的ワークロードをよりよくサポートするインテリジェント・データ・インフラストラクチャの展開を進めるため、ネットアップは以下の新機能を発表しました。

  • NetApp BlueXP Workload Factory – for AWS:このインテリジェント・データ・インフラストラクチャ・サービスは、業界のベスト・プラクティスに基づいて、生成AI、VMwareクラウド環境、エンタープライズ・データベースなどの主要ワークロードの計画、プロビジョニング、管理を自動化します。顧客はBlueXP Workload Factoryを使用して、戦略的ワークロードおよび関連データの展開時間、コスト、パフォーマンス、リソース保護を最適化できます。クラウドへのワークロード移行を簡素化するために、BlueXP Workload Factoryはターゲット・ワークロードのインフラ要件をプロファイルし、コストとパフォーマンスのニーズに応じたさまざまなリソースオプションを比較できます。その後、このサービスは選択されたリソースをプロビジョニングし、既存のワークロードデータを新しくプロビジョニングされたクラウド環境に移動し、必要なコストとパフォーマンスの目標を確保するために全体の環境を継続的に最適化します。AWSユーザーは、この機能の展開方法のガイダンスをAWS Solutions Libraryで確認できます。
  • NetApp GenAI Toolkit – Microsoft Azure NetApp Files Version:顧客は、Azure NetApp Filesに保存されたプライベート・エンタープライズ・データを、安全でプログラム的な方法で取得拡張生成(RAG)ワークフローに組み込むことができます。これにより、独自のデータを事前トレーニングされた基盤モデル(FMs)と組み合わせることで、生成AIプロジェクトから独自性が高く高品質かつ超関連性の高い結果を生成する能力が向上します。NetApp GenAI ToolkitとAzure NetApp Filesの統合は、先進的な言語生成機能を活用するための強力なシナジーを顧客に提供します。
  • Amazon Bedrock with Amazon FSx for NetApp ONTAP Reference Architecture:Amazon Web Services, Inc.(AWS)とネットアップは、Amazon FSx for NetApp ONTAPに保存された独自データを生成AIデータ・パイプラインに組み込むRAG対応ワークフローの実装に関するガイダンスを提供するリファレンス・アーキテクチャを共同でリリースしました。Amazon FSxは、クラウドで高機能・高性能なファイル・システムを簡単かつコスト効率よく起動、運用、スケールさせることを可能にします。このリファレンス・アーキテクチャにより、開発者はAmazon BedrockのAPIを使用してAmazon FSx for ONTAPデータストアと接続し、独自データを安全に使用しながら高性能な基盤モデル(FMs)を選択してカスタマイズすることができ、新たなインサイトと機能を引き出すことが可能になります。
  • Amazon FSx for NetApp ONTAP Enhancements:AWSは、次世代のAmazon FSx for ONTAPクラウド・ストレージ・サービスを発表しました。このサービスは、拡張性と柔軟性を向上させ、512 TiBのSSDストレージから単一の高可用性(HA)ペアで最大6 GB/秒のスループットを提供します。次世代のファイル・システムは、ネットワーク・バースト・スループットを300%、ディスクバーストスループットを150%向上させることで、仮想化ワークロードにさらに多くの成長の余地を提供します。生成AIのような大規模で高性能なワークロードに対応するため、第二世代のAmazon FSx for ONTAPシステムは、必要に応じてHAペアを追加することで動的な拡張性をサポートし、最大24ノードまで対応します。これにより、1 PiBのSSDストレージから最大72 GB/秒のスループットを提供し、進化するビジネスニーズに対応するための柔軟性とパフォーマンスが向上します。
  • NetApp BlueXP Disaster Recovery Support for VMFS:The BlueXP disaster recovery serviceは、オンプレミスおよびクラウド環境全体でVMwareワークロードのための自動災害復旧計画を設計および実行するためのガイド付きワークフローを提供します。このサービスは、オンプレミスからオンプレミスへの災害復旧をサポートするために、VMFSデータストアにも対応するよう拡張されました。

これらの更新は、生成AIやVMware環境などの高性能で戦略的なワークロードを実装および管理する必要がある顧客向けに、ストレージおよびデータ操作をサポートするネットアップの既存のサービスを基盤としています。一例として、ネットアップは先日独自のBlueXP data classification capabilityを発表しました。この機能は、データを自動的に分類およびカテゴリ化することでガバナンスを強化し、生成AIおよびRAGデータ・パイプラインへの安全な取り込みを実現します。現在、すべてのネットアップ顧客に無料で提供されるコアコントロール・プレーン機能となっています。

「生成AIに関する組織の主な焦点は、データ戦略を適応させ、事前構築されたLLM(大規模言語モデル)を活用して独自のビジネス関連データから有用な洞察を引き出す際に、データセキュリティ、コスト効率、革新性のバランスを取ることです」と、IDCのクラウド・データ管理部門シニア・リサーチ・ディレクターであるアーチャナ・ヴェンカトラマン氏は述べています。「ネットアップのインテリジェント・データ・インフラストラクチャ機能は、顧客がデータの課題を克服するのを支援し、プライベート・データを公共クラウド・プロバイダーのLLMに安全に供給するためのワークフローを自動化するための具体的なガイダンスを提供します。さらに、この機能はユーザーがデータを発見して分類することを可能にし、機密情報、個人情報、制限された情報を公開せずに、適切なデータを適切なモデルに供給できるため、ネットアップのBlueXP data classification capabilityは、AIのデータ操作におけるリスクを軽減する可能性があります。」

「組織は現在、仮想化環境に関して異なる経済的現実に直面しており、最近の業界の変化に迅速に対応する必要があります」と、WWTのソリューション・アーキテクトであるデレク・エルバート氏は述べています。「VMwareワークロードのコスト対パフォーマンスの最適化は私たちの主要な取り組みとなっており、拡張性とパフォーマンスを維持しながら、不必要なシステムとソフトウェア・リソースを削減することを目指しています。ネットアップのBlueXP disaster recovery serviceやCloud Insightsの最適化メトリクスなどのサービスは、仮想環境に対して適切なリソース配分と保護スキームを確保するのに役立ち、FinOpsメトリクスを損なうことなくインフラを有効に活用することに集中できます。」

追加リソース

ネットアップについて

ネットアップは、統合データ・ストレージ、統合データ・サービス、CloudOpsソリューションを組み合わせたインテリジェント・データ・インフラストラクチャー企業であり、ディスラプションの世界をすべての顧客にとってのチャンスに変えます。ネットアップは、サイロのないインフラストラクチャーを構築し、可観測性とAIを活用して、業界最高のデータ管理を実現します。世界最大のクラウドにネイティブに組み込まれた唯一のエンタープライズ・グレードのストレージ・サービスとして、当社のデータ・ストレージはシームレスな柔軟性を提供します。また、当社のデータ・サービスは優れたサイバー・レジリエンス、ガバナンス、およびアプリケーションの俊敏性によってデータの優位性を生み出します。当社のCloudOpsソリューションは、可観測性とAIを通じてパフォーマンスと効率の継続的な最適化を提供します。データの種類、ワークロード、環境を問わず、ネットアップによりお客様のデータ・インフラストラクチャーを変革でき、ビジネスの可能性を実現できます。詳細については、 www.netapp.com をご覧いただくか、 XLinkedInFacebook 、および Instagram で当社をフォローしてください。

NETAPP、NETAPPロゴ、および www.netapp.com/TM でリストされている商標はネットアップ・インクの商標です。他の企業名や製品名はそれぞれの所有者の商標である可能性があります。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Media Contact:
Kenya Hayes
NetApp
kenya.hayes@netapp.com

Investor Contact:
Kris Newton
NetApp
kris.newton@netapp.com


Source: NetApp, Inc.

View this news release online at:
http://www.businesswire.com/news/home/20240710116723/ja


本リリースはビジネスワイヤからの提供を受け、掲載しております。
掲載内容についてのお問い合わせは、リリース下部のContacts枠に含まれております、
それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

配信から一ヶ月以上経過したリリースについては、ビジネスワイヤのウェブサイトをご覧ください。
 

こんな記事も

BW企業リリース

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ