筑波大監督「全て出し切れた」 天皇杯サッカー

配信

 筑波大は1点を追う後半35分、CKからの攻撃でオウンゴールを誘い追い付いた。J1町田を撃破した2回戦同様に延長戦に持ち込んだが、柏のエース細谷に決勝点を許して力尽きた。「本気で勝ちにいったので悔しい。でも、選手は全てを出し切れた」。小井土監督は、すがすがしい表情だった。

 J1チームを相手に堂々とボールを保持し、激しい球際でも動じることなく、大学生らしい生き生きとしたプレーを披露。何度も鋭い縦パスを通し、あと一歩という惜しい崩しも見せて会場を沸かせた。柏の下部組織出身の田村は「最後は(細谷)真大に差を見せられた。想像以上に自分たちはやれたが、Jのピッチでやり返したい」と力を込めた。

最終更新:

こんな記事も

サッカー

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ