• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

中国鉄鋼、迂回輸出対策を強化 メキシコ経由を警戒―米政権

配信
バイデン米大統領=4日、ワシントン(AFP時事)

バイデン米大統領=4日、ワシントン(AFP時事)

 【ワシントン時事】バイデン米政権は10日、中国製の鉄鋼・アルミニウムに関し、メキシコを経由して追加関税を回避する迂回(うかい)輸出への対策を強化すると発表した。生産地を証明する書類の追加提出を求める。貿易協定「米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)」の域外製品への追加関税を徹底し、安価な中国製品の流入を防ぐ。

対中関税、8月引き上げ EVや鉄鋼対象―米

 米政権は、巨額の補助金を背景にした中国の鉄鋼、アルミの過剰生産を問題視。ホワイトハウスのブレイナード国家経済会議(NEC)委員長は、記者団に「中国製品が関税を逃れて米市場に流入し、米国の労働者に損害を与えている。われわれは行動する」と説明した。

 トランプ前政権は、安全保障上の脅威を理由に、中国など外国製の鉄鋼に25%、アルミには10%の追加関税を発動したが、貿易協定を結ぶメキシコ、カナダは適用を除外。バイデン政権も維持している。

 今回の措置では、メキシコからの輸入であっても、貿易協定域外で生産された鉄鋼や、中国、ロシア産などのアルミを追加関税の対象とする。ホワイトハウスによると、メキシコから輸入される鉄鋼の10%超、アルミは6%程度が影響を受けるという。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ