• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

ヤクルトの奥川、制球定まらず プロ野球

配信

 ヤクルトの奥川は制球が定まらなかった。3年ぶりの甲子園のマウンド。序盤から直球、変化球ともに抜け球が多くてボール先行となり、「思い通りに投げられなかった」。四回は死球から同点とされ、五回は暴投で勝ち越しを許した。

 右肘のけがから復帰後、3試合目で初黒星。チームの連敗を止めることはできなかった。「どう投げたらいいか分からない感じ。しっかり振り返って次に向けて調整したい」と誓った。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ