• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

長野のブドウ園など閉園 来年5月、収益改善狙い―サッポロビール

配信

 サッポロビール(東京)は10日、山梨県甲州市のワイン製造拠点「グランポレール勝沼ワイナリー」と長野市の「長野古里ぶどう園」を2025年5月までに閉鎖・閉園すると発表した。製造拠点を集約し、ワイン事業の収益改善を目指す。

「ちょっと贅沢」再定義 サッポロビールの野瀬裕之社長

 勝沼ワイナリーの設備は、「岡山ワイナリー」(岡山県赤磐市)へ移管する。製造拠点は1カ所に集約されるが、製造能力は現状とほぼ変わらないという。勝沼ワイナリーは1976年に稼働、ぶどう園は75年に開園し、同社のワイン事業を初期から支えてきた。従業員について、同社は「雇用維持を前提にグループ内での再配置を検討している」と説明している。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済用語

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ