• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

0歳児死なす、26歳母逮捕 「ストレスで」、日常的に虐待か―千葉県警

配信
千葉県警本部=千葉市中央区

千葉県警本部=千葉市中央区

 生後11カ月の長男に暴行を加えて死亡させたとして、千葉県警は10日、傷害致死などの疑いで、母親の無職野中千宙容疑者(26)=同県船橋市藤原=を逮捕した。「ストレスで頭にきて、平手で殴って床に投げてしまった」と容疑を認めている。県警は日常的に虐待が行われていた可能性もあるとみて調べる。

児童虐待通告、初の12万人超 昨年、検挙も最多2385件

 逮捕容疑は昨年3~7月、船橋市の自宅アパートで長男の千巴弥ちゃんに暴行を加え、死亡させた疑い。司法解剖の結果、千巴弥ちゃんには頭蓋骨骨折や脳内出血がみられた。

 県警によると、同年7月26日、野中容疑者が「息子が布団の中で冷たくなっている」と自ら110番して事件が発覚。当時は夫と長女との4人暮らしだった。

 県などによると、2022年8月、千巴弥ちゃんが生まれた病院から通報を受けた県内の児童相談所が問題を把握。家庭訪問を繰り返したが、長女も含めて外傷などは認められず、虐待は把握できなかったという。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ