• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

八村「プレーで引っ張る」 渡辺雄は「回復順調」―バスケ男子日本代表

配信
パリ五輪への意気込みを語ったホーバス監督(前列左端)とバスケットボール男子日本代表=10日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター

パリ五輪への意気込みを語ったホーバス監督(前列左端)とバスケットボール男子日本代表=10日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンター

 パリ五輪に出場するバスケットボール男子日本代表は10日、東京都北区の味の素ナショナルトレーニングセンターで記者会見し、トム・ホーバス監督が「12人で練習して雰囲気も変わった。パリ五輪でベスト8を目指す」と改めて目標を掲げた。

 2大会連続出場の八村塁(レーカーズ)は、「プレーでチームを引っ張りたい。3連敗だった東京五輪の思いも含めてパリでは頑張りたい」と述べた。渡辺雄太は「結果を残して、最強と言えるようなチームをつくりたい」。左脚のけがについては「順調に回復している。五輪には問題なく出られると思う」と語った。

 日本男子は11日に欧州遠征に出発。19日にドイツ代表、21日にはセルビア代表と強化試合を行う。主将の富樫勇樹(千葉J)は「五輪は特別なもので、誰もが立てるところではない。責任を持って戦いたい」と表情を引き締めた。

 また、代表の12人に負傷者などが出た場合の入れ替え対象として、川真田紘也(長崎)、佐々木隆成(三遠)が選ばれた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ