• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

対ロ制裁後に韓国輸出開始か 外為法違反事件―大阪府警

配信
大阪府警本部=大阪市中央区

大阪府警本部=大阪市中央区

 軍事転用の恐れがある水上バイクなどが韓国経由でロシアに不正輸出された事件で、外為法違反容疑で逮捕されたソワ・アンドレイ容疑者(38)が代表を務める貿易会社「アストレード」が、2022年の対ロ経済制裁開始前には韓国に輸出した実績がないことが10日、大阪府警外事課への取材で分かった。

水上バイクを不正輸出か ロシア人社長を逮捕―大阪府警

 それまではロシアに直接輸出しており、同課は隠れみのとして韓国へ迂回(うかい)させた疑いがあるとみて詳しく調べる。

 同課によると、アストレード社の15年5月~昨年末の輸出件数は約1200件で、大半がロシア向けだった。カザフスタンなど中央アジアの国に輸出したこともあったが、22年7月まで韓国への輸出実績はなかった。

 ソワ容疑者は、経済産業相の許可を得ずに、水上バイクや船舶エンジン、中古バイクなど計約4300万円相当の商品を、韓国向けと偽って同国経由でロシアに輸出した疑いで逮捕された。商品は日本国内の中古車販売業者やネットオークションなどで仕入れたとみられる。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ