• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

公費解体申請、当初想定超え 完了は6%―能登地震

配信

 石川県は10日、能登半島地震の公費解体申請が8日時点で2万2983棟となり、当初想定した約2万2000棟を超えたと発表した。解体が完了したのは1338棟で、申請の約6%にとどまる。

公費解体完了は4% 申請2万棟超、着手に時間―業者宿泊施設も不足・能登地震

 県は全半壊家屋数や過去の災害の解体実績を基に、公費解体の棟数を2万2499棟と推計していた。各市町への申請は大幅に増えており、馳浩知事は記者会見で「少なくとも3万棟くらいになるのではないか」と述べた。

 今後想定棟数の見直しを行うが、作業班や仮置き場を増やすことで対応し、来年10月とする完了時期の目標は変更しないという。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ