• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

国民代表、公選法改正案提出へ

配信
小池百合子東京都知事(右端)と面会する国民民主党の玉木雄一郎代表(左から2人目)ら=10日午後、国会内

小池百合子東京都知事(右端)と面会する国民民主党の玉木雄一郎代表(左から2人目)ら=10日午後、国会内

 国民民主党の玉木雄一郎代表は10日、衆院東京15区補欠選挙での選挙妨害事件や、東京都知事選でのポスター掲示を巡る問題を受け、公職選挙法の改正に取り組む考えを示した。国会内で記者団に「わが党として速やかに検討を開始し、秋の臨時国会で改正案を提出したい」と述べた。

「つばさの党」代表ら3度目逮捕 太鼓で演説妨害、選挙カー追跡も―警視庁

 これに先立ち、玉木氏は都知事選で3選を果たした小池百合子氏と国会内で面会。小池氏は、国民都連の支援に謝意を示した上で、公選法改正の必要性を訴えた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

政治

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ