• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

米有力紙、再び撤退要求 バイデン氏が「国を危険に」―米大統領選

配信
米大統領選のテレビ討論会に参加するトランプ前大統領(左)とバイデン大統領=6月27日、南部ジョージア州アトランタ(EPA時事)

米大統領選のテレビ討論会に参加するトランプ前大統領(左)とバイデン大統領=6月27日、南部ジョージア州アトランタ(EPA時事)

 【ニューヨーク時事】米有力紙ニューヨーク・タイムズは8日付の社説で、高齢不安が広がる民主党のバイデン大統領(81)について、大統領選から退かないことで「国を重大な危険にさらしている」と批判し、立候補を取りやめるよう改めて要求した。同紙は先月の討論会翌日にもバイデン氏の撤退を訴えていた。

トランプ氏「今週また討論を」 窮地バイデン氏に挑戦状―米大統領選

 討論会で精彩を欠いたバイデン氏は選挙戦の継続を主張。これに対し同紙論説委員会は、討論会後も原稿が用意された行事ばかりに出席するなど「衰えた男のように見え続けている」と強調。有権者の懸念払拭に失敗していると指摘した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ