• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

佐川急便も「置き配」本格展開 9月2日から、再配達削減へ

配信

 佐川急便は10日、荷物を手渡しせずに玄関先などに置く「置き配」サービスを、9月2日から本格的に開始すると発表した。ドライバー不足が懸念される「物流の2024年問題」に対応する。ヤマト運輸と日本郵便も同様のサービスを始めており、宅配便を扱う主要3社の足並みがそろう。

置き配やLINE活用 再配達削減へ対策加速―物流各社

 置き配を受け付けるのは、主力の「飛脚宅配便」と「飛脚ラージサイズ宅配便」「飛脚航空便」。個人向け会員サービス「スマートクラブ」の会員を対象とし、事前に荷物の配達予定をメールやLINEで通知して受け取る側が「置き配」を選択できるようにする。置き場所は、玄関先や宅配ボックスのほか車庫や自転車のかごも可能。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済用語

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ