205メガワットの電力容量持つ施設に関する契約を締結=ハット8〔GNW〕

配信

 【グローブニューズワイヤ】エネルギー・インフラストラクチャの垂直統合オペレーターであり、北米のビットコインマイナーの一つであるハット8コーポレーションは8日、即時利用可能な205メガワットの電力容量と土地への独占的アクセス権を持つ米テキサス州西部のサイトに関する電力購入契約(PPA)およびその他の正式契約を締結したことを発表した。施設は風力発電所に隣接し、ERCOTグリッドに接続されており、ハット8は北米で最も低い地域別卸売り電力価格の一部にアクセスすることができる。施設には既存の稼働中の変電所があり、新しいデータセンターの設計、調達、建設作業が進行中。同施設は、ビットコインマイニングや人工知能(AI)を含むさまざまな高密度コンピューティングアプリケーションのサポートに好立地となっている。ハット8は、その価値を最大化することを目的として、施設の商業化計画を最終調整中。

 【注】この記事はグローブニューズワイヤ提供(9175288)。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

ワイヤーサービス

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ