• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

NATO首脳会議、開幕 ウクライナに防空兵器5基―継続支援7兆円規模で合意へ

配信
9日、ワシントンで演説する北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長(AFP時事)

9日、ワシントンで演説する北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長(AFP時事)

 【ワシントン時事】北大西洋条約機構(NATO)首脳会議が9日、ワシントンで3日間の日程で開幕した。初日はNATO設立75年を記念した式典を開催。バイデン米大統領がロシアの侵攻を受けるウクライナに防空兵器5基の追加供与を発表した。「われわれの全面支援でプーチン(ロシア大統領)を止めることができる」と強調した。

日NATO、専用回線設置へ 安保協力深化狙う―岸田首相、10日に米独出発

 米政府などの発表によると、5基のうち3基は地上配備型迎撃ミサイル「パトリオット」。ドイツやオランダ、イタリアなどと共同で実施する。ウクライナのゼレンスキー大統領はX(旧ツイッター)で支援を歓迎。ロシアの無人機やミサイルの破壊、人々の保護につながると述べた。

 首脳会議ではウクライナへの継続支援が主要議題となり、2日目以降に具体的討議に入る。ウクライナ軍事支援について、現状の水準を維持し、加盟国全体で400億ユーロ(約7兆円)規模とすることで合意する見通し。ドイツへの司令部新設や、ウクライナの首都キーウ(キエフ)に常駐する上級代表ポストの設置といった具体策も発表される。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

ウクライナ情勢

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ