タイゴエナジー、成長中のマルチサイト型太陽光発電設置業者向けにEI Platformに関するスケーラブルな新機能を提供

2024年07月09日20時21分

July 9, 2024 20:21 UTC

拡大を続ける太陽光発電ポートフォリオで増大する運用管理と保守点検(O&M)の間接費をコントロールするため、タイゴは設置業者向けの高度なツールセットEI Professionalを導入

米カリフォルニア州キャンベル--(BUSINESS WIRE)-- (ビジネスワイヤ) -- インテリジェントな太陽光発電およびエネルギー ソフトウェア ソリューションの大手である タイゴエナジー(NASDAQ: TYGO)は、Tigo Energy Intelligence(EI)Platformのパワフルかつカスタマイズ可能な新しい機能を発表しました。適切な太陽光監視と情報を提供するための再設計、アップグレード、階層化アプローチにより、中小規模の設置会社であっても、成長する太陽光発電の顧客ポートフォリオを継続的に管理できます。これらのプラットフォーム機能強化は、米国における太陽光設備の設置数が500万件を超えると同時に導入されます。業界は、その数が2030年までに2倍、2034年までに3倍になる中、O&M業務をどのように管理するかを検討しています。

Tigo EI Platformは、ユーザーフレンドリーなインターフェイスを介して、設置業者、資産管理者、さらには個々のシステムオーナーまで、さらに多くの情報を適切なタイミングで提供するアップグレード オプションが利用可能になるとともに、新たに追加されたEI Professionalパッケージでは、急拡大する設置業者、EPC、O&Mサービスプロバイダーにとって特に注目に値し、管理下にあるすべてのシステムにおいて鍵となる健全性およびパフォーマンス データを一元的に表示します。EI Professionalパッケージには、スケーラブルなモニタリング機能とシンプルな定額料金に加え、以下のものが含まれます。

  • ワンクリックでの登録により、サブスクリプション方式で管理下のすべてのシステムをカバーする社内無制限のアクセス
  • 健全性、生産、パフォーマンス、機器ステータス、位置データ、コミッショニング時間の追跡といった重要なデータを優先表示するポートフォリオ全体のダッシュボード
  • 管理、メンテナンス、最適化、傾向分析を改善するための高度なタグ付け、グループピング、拠点での絞り込みといった機能で時間を節約

太陽光発電設置業者は Tigo EI Platformを使用し、設置状況に関する情報提供を改善し、O&Mコストを削減し、発電状態とシステムパフォーマンスを監視します。標準のシステムごとの監視ビューは、EI Basicと呼ばれ、引き続き無料で、モジュール レベルのソリューションとサードパーティ ハードウェアに関する情報が含まれています。より高度な監視および分析ツール、履歴データ、分単位の監視分解能などを利用するには、プラットフォーム内からEI Premiumに簡単にアップグレードできます。

ラディウス・エナジーのオーナーであるギャレット・ブラント氏は、「当社が導入する住宅用および商用システムの数、規模、複雑さは増え続けており、これに対応するための唯一の方法は、それらのシステムを監視、診断、最適化する包括的なツールを持つことであることがわかりました。1度の出張サービスで発生するコストや、コミッショニング後の請求書の発行が1週間遅れることによる機会費用を考慮すると、それらを回避するために有料サブスクリプションを導入することは理にかなっています。Tigo EI Platformで利用可能になった機能は、節約という観点から付加価値をもたらすだけでなく、設置業者側に新たな機会をもたらします」と述べています。

EI Platform向けの設置業者トレーニング資料はTigo Academyで入手できるようになりました。 Tigo Academyは、新規および既存の顧客と設置業者に、最適なシステム パフォーマンスと顧客満足度を達成するため、タイゴ製ソフトを効率的に学び、そのの活用方法を実践的なデモとチュートリアルを通じて学ぶ機会を提供します。

タイゴエナジーのソフトウェア担当副社長であるアーチー・ロブーストフは、「競争力を維持するために、設置業者は設置後のサービスをより多く提供しつつフットワークも維持する必要があります。そのためタイゴは、サービスを提供する顧客それぞれに適切な管理ツールを提供するEI Platform向けに、より洗練されたオプションを開発しました。継続的に傾向を分析してどこを改善できるかを確認しつつ、太陽光発電設備が確実に最高のパフォーマンスに発揮できるようにするため、ソフトウェアの役割はますます重要になっています。 EI Platformは、運用に影響が出る前にシステムの問題を特定するように設計されています。システムオーナーは品質と信頼性を期待しており、EI Platformは、まさにその両方を実現するのに役立ちます」と述べています。

EI Basicの標準機能、EI PremiumおよびEI Professionalの機能とサブスクリプション価格など、Taigo EI Platformについての詳細は、https://www.tigoenergy.com/ei/pricingのEI機能ページをご覧ください。 タイゴ製品の設置業者は、7月のEI Professionalへのプロモーション トライアル アクセスを利用することもできます。このアクセスは、Taigo EI Platformのウェブブラウザ経由で利用できます。https://ei.tigoenergy.com/

タイゴエナジーについて

2007年設立のタイゴは、住宅用、商業用、発電所規模の太陽光発電システムの安全性を高め、エネルギー収量を増加させ、運用コストを削減するスマートなハードウエアおよびソフトウエア・ソリューションの開発と製造における世界的リーダー企業です。タイゴは、Flex MLPE(モジュール・レベル・パワー・エレクトロニクス)とソーラー・オプティマイザー技術をインテリジェントなクラウド・ベースのソフトウエア機能と組み合わせることで、高度なエネルギー監視と制御を実現しています。タイゴのMLPE製品は、性能を最大化し、リアル・タイムでのエネルギー監視を実現し、規制要件の急速シャットダウンをモジュール・レベルで実施します。また、住宅用太陽光発電および蓄電池市場向けに、インバーターや蓄電池システムなどの製品の開発と製造を行っています。詳細は、www.tigoenergy.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

Contacts

Technica Communications
Cait Caviness
Email: tigoenergy@technica.inc


Source: Tigo

View this news release online at:
http://www.businesswire.com/news/home/20240709244249/ja


本リリースはビジネスワイヤからの提供を受け、掲載しております。
掲載内容についてのお問い合わせは、リリース下部のContacts枠に含まれております、
それぞれの発表企業・団体にご連絡ください。

配信から一ヶ月以上経過したリリースについては、ビジネスワイヤのウェブサイトをご覧ください。
 

こんな記事も

BW企業リリース

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ