• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

渋沢栄一まねて議場に登壇 大野埼玉知事

配信
シルクハットをかぶった大野知事(手前)=5日、さいたま市

シルクハットをかぶった大野知事(手前)=5日、さいたま市

 埼玉県出身の偉人・渋沢栄一の肖像が入った新1万円札が発行されたことを記念して、同県の大野元裕知事は県議会で、渋沢栄一のトレードマークのシルクハットをかぶり登壇した。斉藤邦明議長も着用し、大野知事は「『渋沢と言えば埼玉』を全国に発信したい」とPRした。

 県議会会議規則によると、議場での帽子の着用は議長の許可がある場合を除き、原則禁止。本会議に先立つ議会運営委員会では、堀光敦史副知事から議場でのシルクハット着用の許可を求める提案が行われ、斉藤議長が認めた。

 大野知事は、2012年に防衛政務官に就任した際に着用した私物のモーニングも披露。議会終了後に報道陣の取材に応じ、「普段は二元代表制で緊張感を持ってやっているが、和気あいあいとできたことはうれしい」と述べた。【もぎたて便】

最終更新:

関連記事

こんな記事も

にっぽんもぎたて便

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ