• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

元園長に実刑判決 「過失著しい」―女児バス置き去り死・静岡地裁

配信
静岡地裁=静岡市葵区

静岡地裁=静岡市葵区

 静岡県牧之原市の認定こども園「川崎幼稚園」で2022年9月、河本千奈ちゃん=当時(3)=が通園バス内に取り残され熱中症で死亡した事件で、業務上過失致死罪に問われた元園長増田立義被告(74)と元担任西原亜子被告(48)の判決が4日、静岡地裁であった。国井恒志裁判長は増田被告を禁錮1年4月(求刑禁錮2年6月)の実刑とし、西原被告に禁錮1年、執行猶予3年(同1年)を言い渡した。

元園長に禁錮2年6月求刑 女児バス置き去り死―静岡地裁

 国井裁判長は「園児の安全確保という基本的注意義務を怠った過失は著しい」と指摘。炎天下で高温となった車内に取り残されて亡くなった千奈ちゃんの「苦しみは想像を絶する」と非難した。

 その上で、増田被告は当時園長として、安全計画の策定や職員への指導を行っておらず、「ずさんな安全管理体制で多くの園児の命を危険にさらした」と批判。運転手として降車確認も怠り、「(事件を)直接的に引き起こした」とし、実刑が相当とした。

 西原被告については、保護者への所在確認を怠るなど「長時間所在不明の状態を放置した」と指摘。一方、適切な判断ができなかった背景に「園のずさんな安全管理体制が大きく影響した」として、執行猶予付き判決を言い渡した。

 判決言い渡し後、国井裁判長は、千奈ちゃんについて「教訓にするために生まれてきたわけではない」と声を詰まらせ、「子どもの命を守る大切さをもう一度考えなければならない」と説諭した。

 増田被告は弁護士を通じ「判決を大変重く受け止めています。自らの責任に真摯(しんし)に向き合っていく所存です」とコメントした。

 判決によると、バスを運転していた増田被告は22年9月5日午前8時50分ごろ、千奈ちゃんが降車していないことを確認せず、車内に約5時間放置。西原被告は千奈ちゃんが登園していないことに気付きながら所在確認を怠り、熱中症で死亡させた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ