• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

生成AI特許出願、中国7割占める 日本は4位―14~23年

配信

 世界知的所有権機関(WIPO)が3日公表した報告書によると、2014~23年の生成AI(人工知能)関連の特許出願件数は中国が3万8210件で首位となった。世界全体(約5万4000件)の7割を占めた。日本は3409件で4位だった。

生成AIで「作業効率が向上」7割 FIXERが会社員にアンケート調査

 2位は米国の6276件、3位は韓国の4155件。1350件で5位に付けたインドは出願件数の伸び率が年平均56%と、上位5カ国で最も大きかった。また、生成AIが急速に台頭した23年が全体の25%超を占めた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ