• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

横浜患者連続死、無期確定へ 東京高検が上告断念

配信

 横浜市の旧大口病院で2016年、入院患者3人の点滴に消毒液を入れて殺害したとして殺人罪などに問われ、一、二審で無期懲役の判決を受けた元看護師、久保木愛弓被告(37)について、東京高検は上訴期限の3日、上告を断念した。弁護側も上告しない方針で、無期懲役が確定する。

患者連続死、二審も無期懲役 死刑回避の裁判員判決を支持―元看護師側と検察の控訴棄却・東京高裁

 同高検の伊藤栄二次席検事は「判決内容を十分に精査したが、適法な上告理由が見いだせなかった」とのコメントを出した。

 検察側は一審横浜地裁の裁判員裁判で死刑を求刑。判決は被告の完全責任能力を認定した一方、「更生の可能性がある」として無期懲役とした。東京高裁は先月19日、一審判決を支持し、改めて死刑を回避した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ