• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

偽情報対策へ「OP」採択 発信元識別、メディアが推進―総務省

配信

 総務省は2日、インターネット上の偽情報・誤情報対策技術の開発・実証事業の公募で、発信元の信頼性を識別できる「オリジネーター・プロファイル(OP)」など6事業を採択したと発表した。偽情報・誤情報は、今年1月の能登半島地震で拡散されて問題となっており、OPへの期待が高まっている。

偽情報、4人に1人が拡散 能登地震で

 OPは、ネット上の記事などに発信者情報をひも付ける技術。メディアなどでつくる「オリジネーター・プロファイル技術研究組合」が開発している。参画企業は北海道新聞社、河北新報社、新潟日報社、北國新聞社、静岡新聞社、神戸新聞社、高知新聞社、時事通信社など。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済用語

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ