• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

国家公安委員長「法改正含め検討」 悪質ホスト問題で歌舞伎町視察

配信
悪質ホストクラブ問題を受け、歌舞伎町を視察する松村祥史国家公安委員長(中央左)=26日午後、東京都新宿区

悪質ホストクラブ問題を受け、歌舞伎町を視察する松村祥史国家公安委員長(中央左)=26日午後、東京都新宿区

 多額の「売掛金」(ツケ払い)を抱えた客に売春させるなど、悪質なホストクラブが社会問題となっていることを受け、松村祥史国家公安委員長は26日、ホストクラブが集中する新宿・歌舞伎町を視察した。視察後、松村委員長は「いま一歩踏み込んだ対策が必要。風営法改正も含め検討するよう警察を指導する」と語った。

悪質ホスト「早めに相談を」 歌舞伎町の支援団体―「輝いて見えた」と被害女性

 警察庁によると、ホストクラブは全国に約1000店、うち約300店が歌舞伎町にあるとみられている。松村委員長は同日、警視庁新宿署長らの説明を受けながら、ホストクラブ街や売春目的の客待ちが増加する大久保公園周辺などを歩いた。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ