• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

円安「今がピーク」 為替介入は一定の効果―十倉経団連会長

配信
経団連の十倉雅和会長=5月31日、東京都千代田区

経団連の十倉雅和会長=5月31日、東京都千代田区

 経団連の十倉雅和会長は25日の記者会見で、円相場が1ドル=160円台目前まで下落していることについて「今が(円安の)ピークのような気がする」との見解を示した。日銀が金融緩和政策の修正を模索する一方、米国は物価高が落ち着けば利下げを行う方向で、円安の一因となっている日米金利差が「中長期的に見れば埋まる」ことが理由という。

日銀の7月利上げが焦点 円安で物価上振れリスク

 政府・日銀による為替介入の有効性については「『(円相場を)1ドル=160円台にはしない』という政府の強い姿勢は感じるので、それなりの効果があるだろう」と評価した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済用語

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ