• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

通商政策局長に荒井氏、同性婚巡る差別発言 経産審議官には松尾氏―経産省幹部人事

配信
経済産業省=東京都千代田区

経済産業省=東京都千代田区

 経済産業省は25日、通商政策局長に荒井勝喜官房審議官を起用する人事を発表した。荒井氏は、LGBTなど性的少数者や同性婚を巡る差別発言で首相秘書官を更迭された。通商交渉を統括する次官級の経済産業審議官には松尾剛彦通商政策局長が就く。発令は7月1日付。

経産省・荒井氏、幹部復帰 差別発言で首相秘書官更迭

 飯田祐二事務次官、村瀬佳史資源エネルギー庁長官、野原諭商務情報政策局長は留任し、エネルギー基本計画の改定や半導体政策などを担う。官房長に片岡宏一郎福島復興推進グループ長、経済産業政策局長には藤木俊光官房長を充てる。

 特許庁長官に小野洋太日本政策金融公庫専務、中小企業庁長官には山下隆一経済産業政策局長を起用する。新興企業支援などを強化するため、産業技術環境局はイノベーション・環境局に改組し、局長に菊川人吾官房審議官を充てる。

 福永哲郎貿易経済協力局長は、同局を改称した貿易経済安全保障局長を務める。伊吹英明製造産業局長は留任。保坂伸経済産業審議官と須藤治中小企業庁長官は退任する。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

政治

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ