• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

ソニー、米AI企業を共同提訴 音楽無断利用、賠償数千億円請求か

配信
ソニーグループのロゴ

ソニーグループのロゴ

 【ニューヨーク時事】ソニーグループ傘下のソニー・ミュージックエンタテインメントなどレコード大手3社は24日、アーティストの楽曲を無断で利用したとして、生成AI(人工知能)を手掛ける米新興企業のスノとウディオを米連邦地裁に提訴した。許可を得ずに大量の楽曲をAIの学習に使ったことが著作権侵害に当たると主張。損害賠償などを求めている。

「AI作成」明示を 偽情報対策でIT企業に要請―国連総長

 ブルームバーグ通信は、請求額が数十億ドル(数千億円)に上る可能性があると報じた。提訴に加わったのは、ユニバーサル・ミュージック・グループとワーナーレコード。新興2社の審理は別々の地裁で行われる。

 訴状によると、原告側は、生成AIの学習を目的とした新興2社の不正コピーは創作活動を成り立たなくさせるなどと非難。サービスの利用者が、米歌手マライア・キャリーさんの楽曲「恋人たちのクリスマス」と酷似した演奏などをできるようにしたとされる。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ