• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

中国在留邦人に注意喚起 蘇州母子襲撃で警備強化―日本大使館

配信
日本人の母子が襲撃されたとみられるバス停=25日、中国江蘇省蘇州市

日本人の母子が襲撃されたとみられるバス停=25日、中国江蘇省蘇州市

  • 北京の在中国日本大使館=25日

 【蘇州(中国江蘇省)時事】中国江蘇省蘇州市で日本人の母子が中国人とみられる男に刃物で襲われ負傷した事件を受け、北京の日本大使館は24日深夜、在留邦人に対し、外出時は身の安全に注意を払うよう呼び掛ける情報を発信した。最近、中国各地の公園や学校、地下鉄など人の集まる場所で刺傷事件が起きているとして、「周囲の状況にくれぐれも留意」するよう促した。

日本人母子、刃物で襲われ負傷 ほか女性1人重体、男拘束―中国蘇州

 林芳正官房長官は25日の記者会見で「このような事案が発生したことは遺憾だ。現地当局に対し、再発防止および詳細情報の共有を含めた申し入れを行った」と述べた。

 事件は24日午後に発生。下校送迎中の蘇州日本人学校のスクールバスを待っていた日本人母子がけがをした。病院で治療を受け、命に別条はないという。案内係の中国人女性も切り付けられ、重体となっている。男は当局に身柄を確保され、取り調べを受けている。

 同校は25日を休校としたほか、中国内のその他の日本人学校も警備を強化した。事件の背景は明らかでなく、在上海日本総領事館が現地に館員を派遣し、事実関係の確認を進めている。中国当局は事件について公式に発表しておらず、主要メディアも報じていない。

 事件現場近くのマンションに住む日本人駐在員は25日、取材に対し、「日本人が多く住む地域で治安は比較的良いと思っていた。子供を持つ身としては心配だ。会社からは身の安全を確保するよう言われている」と不安そうに語った。事件の発生を受けて、この日は会社を休んだという。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ