• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

豪首相「原発は経済的破滅」 野党公約を酷評

配信

 【シドニー時事】オーストラリアのアルバニージー首相は20日、野党・自由党などの保守連合が原発導入を次期総選挙の公約に掲げたことについて、「すべてのエネルギーで最も高くつく。経済的破滅となる」と酷評した。労働党政権は原発に頼らず、再生エネルギー拡充で脱炭素化を進める方針を改めて強調した。スカイニューズの番組で語った。

豪野党が原発導入公約 与党は再エネ、次期選挙の争点に

 保守連合は19日、政権を奪還すれば従来の原発禁止政策を転換し、7カ所に新設する計画を公表した。ただ、具体的な費用は示していない。

 豪連邦科学産業研究機構(CSIRO)の試算によると、原発1基の建設費は最大170億豪ドル(約1兆8000億円)で、発電コストは再生エネルギーの2~3倍とされる。アルバニージー氏は「(計画実現なら)つけを払わされるのは納税者だ」と主張した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ