• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

岸田首相、退陣論「謙虚に受け止め」

配信

 岸田文雄首相(自民党総裁)は17日の衆院決算行政監視委員会で、同党内で自身の退陣を求める声が出ていることについて「謙虚に受け止めなければならない。今後も車座対話をはじめ、地方に出向いて意見を伺い、どういった責任を果たしていくべきか考えたい」と述べた。立憲民主党の青柳陽一郎氏への答弁。

規正法、19日にも成立 党首討論・不信任で最終攻防

 青柳氏は「これはもう政権末期ではないか」と指摘。首相は「政治の信頼回復とあわせ、国民の命や暮らしを守るための取り組みで具体的な結果を出していく」とも強調した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

政治

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ