• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

プーチン氏、18、19日訪朝 24年ぶり、直後ベトナムへ

配信
ロシアのプーチン大統領(中央)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記(右)=2023年9月、ロシア極東アムール州(AFP時事)

ロシアのプーチン大統領(中央)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党総書記(右)=2023年9月、ロシア極東アムール州(AFP時事)

 ロシア大統領府は17日、プーチン大統領が18、19両日に北朝鮮を訪れると発表した。直後の19、20両日にベトナムも訪れる。今回の歴訪に先立って18日に極東サハ共和国ヤクーツクを訪れ、直接首都平壌に入る見通し。

米、プーチン氏の訪朝「注視」 軍事協力強化を警戒

 プーチン氏の訪朝は24年ぶり。朝鮮中央通信も17日、金正恩朝鮮労働党総書記の招請により、プーチン氏がこの日程で訪朝すると伝えた。

 ウクライナ侵攻を続ける中、プーチン氏は正恩氏と会談し、関係強化を確認する意向。イタリアでの先進7カ国首脳会議(G7サミット)で、北朝鮮による弾道ミサイル輸出などロ朝の軍事協力が強く非難されたのを無視し、訪朝を強行する構えだ。

 地ならしのため今年3月に平壌を訪れたナルイシキン対外情報局(SVR)長官は17日、プーチン氏の訪問に向けて「準備は整っている」と国営タス通信に語った。

 ロ朝首脳会談は昨年9月、正恩氏が足を運んだ極東アムール州のボストーチヌイ宇宙基地で行われて以来となる。プーチン氏は今月5日、タスなどのインタビューで「北朝鮮は隣国。誰かが好むと好まざるとにかかわらず、関係を強化する」と発言した。

 一方、訪越は中部ダナンでのアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に参加した2017年以来。最高指導者のグエン・フー・チョン共産党書記長が今年3月、プーチン氏と電話会談した際に招待していた。ロシア大統領府によると、首脳会談と共同声明が予定されている。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ