• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

引退の岡崎、まだまだ貪欲 「代表監督でW杯優勝」―サッカー元日本代表

配信
記者会見をするサッカー元日本代表の岡崎慎司=17日、東京都港区

記者会見をするサッカー元日本代表の岡崎慎司=17日、東京都港区

  • 引退記者会見をするサッカー元日本代表の岡崎慎司=17日、東京都港区

 サッカー元日本代表FWで、今季限りで現役を引退した岡崎慎司(38)=シントトロイデン=が17日、東京都内で記者会見し、「記憶に残っているのは悔しさだけ。ただ、自分がここまで来られることを想像していたかというと、そうではない。やってきたことは間違いなかった」とすがすがしい表情で語った。

【写真特集】サッカーW杯 歴代日本代表全選手~ゴン・井原から三笘薫まで~

 日本代表として、釜本邦茂、三浦知良に次いで歴代3位の50ゴール。泥臭いプレーも特徴だった。「満足していないということ。もっと重要な、記憶に残るゴールが取れると思ってきた。その貪欲さ」。得点への原動力をそう表現した。

 今後は欧州で指導者の道を歩む。自ら立ち上げに関わったアカデミー、バサラマインツで、現在ドイツ6部リーグに所属するトップチームの監督に就任することが決まった。「日本代表の監督になりたい。ワールドカップ(W杯)で優勝が目標」と語った。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

スポーツ総合用語

スポーツ総合

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ