• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

追加融資枠2100億円 5400億円借り換えも―キオクシア

配信
キオクシアホールディングスのロゴ

キオクシアホールディングスのロゴ

 半導体メモリー大手のキオクシアホールディングス(旧東芝メモリ)は17日、三井住友銀行など銀行団との間で2100億円の追加融資枠を設定したと発表した。約5400億円の借り換えも実施した。業績不振に苦しむ中、資金繰りを安定させるとともに、設備投資に必要な資金を確保する狙いがある。

キオクシア、過去最大の赤字 2437億円、メモリー価格下落―24年3月期

 東芝メモリ時代の2019年に銀行団から9000億円を借り入れ、1000億円の追加融資枠を設定していた。今回は返済分を差し引いた約5400億円を借り換えた上で、追加融資枠を当時に比べて2倍以上とすることで、財務基盤をより強固にする。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ