武田国男氏死去、84歳 元武田薬品社長

配信
武田国男氏 元武田薬品工業社長

武田国男氏 元武田薬品工業社長

 武田 国男氏(たけだ・くにお=元武田薬品工業社長)8日、老衰のため神戸市の病院で死去した。84歳。同市出身。葬儀は済ませた。

〔写真特集〕追悼2024

 1940年、創業家に生まれた。62年に武田薬品へ入社し、米国合弁会社の副社長や医薬事業部長などの重要ポストを歴任した。93年に社長に就任すると、医薬品事業に経営資源を集中する構造改革を実行。人事面では成果主義制度を導入し、海外の製薬企業に対抗できる基盤づくりを進めた。

 武田薬品は2002年3月期連結決算で売上高1兆円を達成。03年に会長に就任した後は経団連副会長として財界活動にも力を入れた。09年の会長退任後は顧問などの役職に就かず、経営から完全に退いた。

最終更新:

こんな記事も

経済

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ