久我美子さん死去、93歳 俳優「また逢う日まで」

配信
久我美子さん(ワタナベエンターテインメント提供)

久我美子さん(ワタナベエンターテインメント提供)

 映画「また逢(あ)う日まで」のヒロイン役などで知られる俳優の久我美子(くが・よしこ、本名小野田美子=おのだ・はるこ)さんが9日、誤嚥(ごえん)性肺炎のため死去した。93歳だった。所属事務所が14日発表した。東京都出身。葬儀は既に済ませた。

〔写真特集〕追悼 2024

 1946年、第1期東宝ニューフェイスに合格し、翌年映画「四つの恋の物語」でデビュー。今井正監督の恋愛映画「また逢う日まで」(50年)で気品のあるヒロインを演じ、岡田英次さんとのガラス越しのキスシーンが話題を呼んだ。

 54年には岸恵子さん、有馬稲子さんと「文芸プロダクションにんじんくらぶ」を設立。同年の木下恵介監督「女の園」などで毎日映画コンクール女優助演賞を受賞した。他にも黒澤明監督「白痴」、小津安二郎監督「彼岸花」など名監督の作品で活躍。テレビドラマにも多数出演した。夫は俳優の平田昭彦さん(84年死去)。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

おくやみ

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ