• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

ロシアと異例の「同居」 米原潜もキューバ基地入り

配信
【図解】キューバ

【図解】キューバ

 【ワシントン時事】米軍は13日、海軍の原子力潜水艦「ヘレナ」がキューバにある米軍基地に寄港したと発表した。キューバの別の場所にロシア海軍の原潜が停泊しており、ロシアをけん制する狙いがあるとみられる。対立する米ロの原潜が同時に一つの国に寄港するのは珍しい。

潜望鏡も計器もデジタル化、「ガラケーからスマホに進化」◆最新型潜水艦「たいげい」に乗ってきた【自衛隊探訪記】

 発表によると、米原潜が寄港したのは東部グアンタナモ湾にある米軍基地。この地域を管轄する南方軍は声明で「定期的な訪問の一環で、以前から計画されていたものだ」と説明した。

 一方、ロシア海軍の原潜「カザン」やフリゲート艦「アドミラル・ゴルシコフ」は12日からキューバ西部のハバナ港に寄港している。大西洋での演習も行った。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ