• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

九里、巧みに完封 プロ野球・広島

配信

 130球を投げ終え、マウンドの九里は充実感を漂わせた。西武打線を手玉に取り、今季初完封。一、二回に背負ったピンチを切り抜けてリズムに乗ると、その後は90キロ台のカーブも織り交ぜ、巧みな投球で相手に付け入る隙を与えなかった。新井監督に続投を直訴した九回は「死ぬ気でマウンドに上がった」。気合十分で腕を振り、きっちり3人で片付けた。

 11年目で初の開幕投手を務めた今季は勝ち星に恵まれなかったが、5月18日の巨人戦で初勝利を手にしてからは3連勝。波に乗ってきた右腕は「バックを信じて投げている結果」と仲間の支えに感謝した。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

野球

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ