• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

ソフトバンクの栗原が決勝打 プロ野球・ソフトバンク―ヤクルト

配信

 ソフトバンクは二回までに二つの押し出し四球で2点を先行。四回に追い付かれたが、その裏に栗原の中前打、柳町の左前打などで3点を勝ち越した。大関が5回2失点で無傷の4勝目。ヤクルトは先発の高橋が7四死球と乱調だった。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

野球

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ