• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

哨戒ヘリ墜落、無人機で捜索へ 海洋機構に協力要請―海自

配信
防衛省=東京都新宿区

防衛省=東京都新宿区

 東京・伊豆諸島の鳥島沖合で4月、海上自衛隊の哨戒ヘリコプター2機が訓練中に衝突、墜落した事故で、海自が水深約5500メートルの海底に沈んだとみられる機体の捜索に、海洋研究開発機構の無人探査機を投入する方針であることが13日、関係者への取材で分かった。

不明隊員7人、死亡と判断 哨戒ヘリ衝突墜落事故で―海自

 海自の協力要請を受けた海洋機構が準備を進めており、来月上旬にも現場に到着して捜索を始める見通し。機体主要部や搭乗隊員のうち7人が未発見で、海自は深海を調べる能力を持つ探査機に期待を寄せている。

 関係者によると、捜索に用いるのは深海調査用探査機「ディープ・トウ」。船からつり下げて運用し、水深6000メートルまで活動できる。高性能のカメラやソナーを搭載し、広範囲で海底の様子を確認することが可能。過去には海自のイージス艦と漁船の衝突事故や、H2ロケットの打ち上げ失敗の際にも海底捜索に使われ、部品を発見するなどした。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ