• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

今野智博元衆院議員を逮捕 弁護士名義を他人に貸した疑い―詐欺被害回復うたい5億円集金か・警視庁

配信
今野智博元衆院議員

今野智博元衆院議員

 弁護士の名義を他人に使わせ、詐欺被害回復をうたう法律事務をさせたとして、警視庁捜査2課は13日までに、弁護士法違反(非弁提携)容疑で、元衆院議員で弁護士の今野智博容疑者(48)=埼玉県深谷市西島町=を逮捕した。

秋本議員、受託収賄で起訴 賄賂7200万円に増額―コロナ給付金詐取も

 今野容疑者の名義を利用したとして、職業不詳辻直哉容疑者(51)=千葉県市川市市川南=ら男女10人も同法違反容疑で逮捕した。同課はいずれの認否も明らかにしていない。

 辻容疑者らは詐欺被害回復をうたう着手金名目で、23都府県の約900人から約5億円を集めていたとみられる。同課は背後に匿名・流動型犯罪グループがいる可能性もあるとみて、詳しく調べる。

 今野容疑者の逮捕容疑は2023年12月~24年1月ごろ、弁護士としての自身の名義を辻容疑者ら10人に貸し、特殊詐欺の被害者ら5人の被害回復に関する法律事務をさせた疑い。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

社会

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ