• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

がん早期発見へ検査を セルクラウドの中島謙一郎社長

配信

中島謙一郎 セルクラウド社長(同社提供)

 1回の採血でがんのリスクを判定する新興企業セルクラウド(東京)。中島謙一郎社長(57)は「いかに早期発見できるかに関心があった」と話す。日本人の死因で最も多いがんは、早期発見・治療で死亡率の低下が期待できる。ただ、がん検診を受ける時間のない人も多く、「とにかく検査しないと」と訴える。

 同社の検査は血中に漏れ出たがん細胞のうち、転移などにつながる悪性度の高いものを見つけられる。所要時間も約5分と手軽で、導入するクリニックも徐々に広がってきたという。中島氏は「忙しい人でも5分なら受けられる」と、普及に向けて懸命にアピールを続けている。

最終更新:

こんな記事も

トップの視点

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ