• X
  • facebook
  • hatena-bookmark
  • コメント

偽のウクライナ前大統領とビデオ会談 英外相、見た目では疑わず

配信
キャメロン英外相=5月22日、ティラナ(ロイター時事)

キャメロン英外相=5月22日、ティラナ(ロイター時事)

 【ロンドン・ロイター時事】英外務省は7日、声明を出し、キャメロン外相がウクライナのポロシェンコ前大統領をかたる人物とメッセージのやりとりをした上で、「ビデオ会談」をしていたと明らかにした。しかし、調査の結果、成り済ましと確認された。

中ロ、世論誘導に生成AI 日本批判あおる事例も―米オープンAI報告

 カメラに映っていた人物はポロシェンコ氏と思われたが、会話を進めるうちにキャメロン氏が不審な点に気付いた。やりとりの内容は公表されていないが、ポロシェンコ氏を名乗る人物は、他の人の連絡先を聞き出そうとしたという。

 注意喚起のため、「会談」映像は公開される予定。外務省によると、キャメロン氏は「失態を悔やむ」と同時に、「偽情報に対抗する取り組みを強化することが重要だ」との認識を示した。

 英国では2018年にも当時のジョンソン外相が偽のアルメニア首相と電話で外交問題などを議論したことがある。

最終更新:

関連記事

こんな記事も

国際

ページの先頭へ
時事通信の商品・サービス ラインナップ